dentist

インプラント手術の方法

歯を取り戻すための治療としてインプラント治療がありますが、手術をするときは局部麻酔を使います。インプラント手術はその人によってもやり方が異なりますが、一回法や二回法の手術をすることもあります。

Read More

手術による仕組みを知る

入れ歯は歯を取り戻すための治療法としてよく利用されていますが、その他にもインプラント治療という新しい方法で安心して歯を取り戻すことができるようになっています。インプラント治療には様々な仕組みがあります。

Read More

手術で歯の状態改善

インプラントの治療期間

インプラントの治療期間は、今存在している天然歯の状態、どれだけの歯を失っているのか、骨格や骨の硬さなど、個々の症例によって大きく異なります。それを手術前に正確に把握しておく事が重要となります。天然歯に虫歯がある場合、先に治療をします。インプラントを埋め込む部分のあごの骨が足りない場合は、造骨手術を行う場合もあります。事前に必要な処置を行ってから、インプラント手術はスタートします。基本的には手術は二回行われ、一度目の手術では、あごの骨に穴をあけて、人工歯根を埋め込みます。この手術は局所麻酔で行われ、痛みはほとんどなく、入院の必要もありません。二回目の手術で人工歯と人工歯根をつなぐパーツを取り付けます。各手術の回復を待って次の手術を行っていくので、治療期間は長く、半年から一年くらいが一般的です。

デメリットをきちんと把握する

インプラントのデメリットとしてあがる事は、まず外科手術である事です。歯肉を切開してあごの骨に穴をあけますので、その分身体に負担がかかる事は否めません。また、インプラント治療に使用されるパーツには金属部品が含まれますので、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。ですが、使用される金属の大半はチタンであり、このチタンはインプラント以外にも、ペースメーカーや骨折治療用の固定ボルトなどにも使われており、金属の中でもアレルギーがおきにくい安全な金属であると判断して差しさわりありません。インプラントを受けてみたいと考えているが、アレルギーが心配な方は、事前に担当医に相談をし、アレルギー検査を行っておくと安心です。